fukadegozarunobrog

アロマの香りと種類の紹介!

はじめに

アロマ,種類
アロマはリラックス・リフレッシュ効果があることは、ご存知かと思います。

それに加えて、実は、髪自体にも効能があったり、ご自身のメンタルをコントロールできたりします。

さらに異性に対しては、癒し・誘発・記憶留めの効果があることも以前の記事でお話したかと思います。

そこで今回は、あなたがアロマに求めている効能と、その期待に応えるアロマ種類をご説明させていただきたいと思います!

今回は、よく使われている、有名なものだけ紹介していきます。

初心者の方は、これだけ抑えておけば十分です!

 

アロマ 香りと種類の紹介 

目次 1. リラックス効果・集中力
2. リラックス・リフレッシュ
3. 気分を明るくする。ダイエット
4. 不安除去。幸福感
5. リフレッシュ・眠気冷まし
6. 精神安定。楽になりたい時
7. 食欲増加・便秘
8. 鎮静作用・抗ウツ・色気
9. 集中力・色気
10. 女性ウケ

 

1.リラックス効果・集中力

アロマ,種類

アロマ成分:ローズ

→女性ホルモン活性化。昔から女性へのプレゼントとして喜ばれるのは、香りを嗅ぐことで自信の回復につながると言われているからだそうです。要するに、「あの人は私のことを好きなんだわ」というように自信が持てて、信頼につながるんだそうです。

 

2.リラックス・リフレッシュ

アロマ,種類

アロマ成分:イランイラン

→マリリンモンローも愛した『シャネルNo.5』はこのイランイランの香り。嗅ぐとイライラが静まる鎮静作用があり、就寝前などに良いです。

 

3.気分を明るくする。ダイエット

アロマ,種類

アロマ成分:グレープフルーツ

→柑橘系の香りは気分を明るくする効果がある特徴があります。ちょっと落ち込み気味な時に良く、また利尿作用があったり、交感神経を刺激し代謝を上げるためダイエットにも適しているとされています。

 

4.不安除去。幸福感

アロマ,種類

アロマ成分:ジャスミン

→何かやらないといけないけど、手に付かない時など効果的です。幸福感を与えてくれるので、好きな人と一緒に使うのも効果的です。

 

5.リフレッシュ・眠気冷まし

アロマ,種類

アロマ成分:メントール

→どちらかというと制汗剤によく使われるかと思います。爽やかな清涼感で、冷感で心身を癒します。眠気を抑えることもできるので、気分転換・仕事に集中という時に良いかもしれません。

ただ「ハッカ」の香りで、人によってはキツイと感じるかもしれません。

 

6.精神安定。楽になりたい時

アロマ,種類

アロマ成分:ゼラニウム

→心の健康面を整える香りで、不安点な気持ちを落ち着けます。

辛い時、楽になりたい場面で効果的です。「ローズゼラニウム」とも言われています。

 

7.食欲増加・便秘

アロマ,種類

アロマ成分:レモン

→酸っぱい香りで食欲を増加させ、消化器系を活性化する作用があります。また便秘の悩みにも効果があるので、トイレやルームフレグランスに使うのも良いかもしれません。

 

8.鎮静作用・抗ウツ

アロマ,種類

アロマ成分:ネロリ

→不安を抑えてくれるので、寝る前などに使うとぐっすりと眠れて、疲れが取れます。また、色気を感じる香りでもあるので、デート前などに使うのもありだそうです。

 

9.集中力

アロマ,種類

アロマ成分:サンダルウッド

→心を落ち着かせ、集中力を高めてくれるので、インドのヨガでも使われている香りです。日本ではビャクダンという名で知られています。また、ムード作りにも相性がよく色気を感じさせる効果もあります。

 

10.女性ウケ

アロマ,種類

アロマ成分:ベンジャミン

→バニラエッセンスのような甘い香りで女性ウケが良いです。心を落ち着かせてくれるので、バスタイムや就寝前に使うのが効果的です。

 

最後に

アロマ,種類
さて、あなたにぴったりなアロマ成分はありましたでしょうか?

ちょっとでもアロマに興味がありましたら、このように種類に気を使って、ぜひ生活に取り入れてほしいなと思います。

それくらい生活にメリハリも出ますし、自分のメンタルだけでなく、相手に印象付けたり、恋愛にも活きてきます。

fukadegozaru.hatenablog.com

 

詳しくは以上の記事に書いているので、懐疑的な方は読んでみるといいかもしれません。

それでは、最後までお読いただきありがとうございました!