fukadegozarunobrog

何して働くのが正解なのよ!?

 

 

こんにちは!ふかさわです!

 

 

就職活動をしている学生さん。

 

毎日、同じ時間の電車に乗り、満員電車で身も心もヘトヘトなシティーワーカーさん。

 

働く意味ってなんだろう

こうやって働いていて、ほんとに幸せなんだろうか

人生において、働くことって、どう捉えておいたほうがいいのかな

 

なんてこと、あなたは考えたことがありませんか?

 

 

なんでも疑問に思えることは、大切な能力であると思います。

 

 

今の仕事に疑問を思わず突っ走って人生を終えられる人は幸せというか、めでたいというか、うらやましいですね。

 

 

今回は

「働くってなんだろう。」

「なにを仕事にしよう。」

「今の仕事からキャリアチェンジしたい。」

 

    

というようなあなたに、参考になるような記事を書きました。

 

    

近年、「働き方改革」「ライフワークバランス」というように、仕事に関する考え方が、大きく変わろうとしています。

  

 

物質的に豊かになった 日本では、「心の豊かさ」が求められています。

 

   

そして、これから生きていく中で、人生の多くの時間を、仕事をしていくことなります。

 

 

そんな中、人生の中で、どう仕事を位置づけるかで人生の「心の豊かさ」は必ず違ってくると思うのです!

 

 

今こうしてせっかく見てくれているのですから後回しにせずに、「今!」本気で考えてほしいのです。

 

  

仕事に対する考え方を早く整理するべきです。

 

 

 

そんな以下の本を参考にして、書いていきたいと思います。

 

 

               f:id:fukadegozaru:20171127190956j:plain

 

 

 

今のところ、人間が学ぶ術というのは、歴史から考えることと、理論から考えることの2つしかないと思います。

 

働く理由に、数学理論)みたく1つの答えがあればいいのですが、、、

 

もちろん、無いので、

 

この本では、偉大な人達の意見(歴史)からヒントを得ようとしたものです。

 

 

 

 

タイムスリップを使って、いくつかの人生を経験をし、これが良かったよと、証明できればいいのですけどね。(映画の見過ぎ)

  

             f:id:fukadegozaru:20171130202250j:plain 

 

 今回はちょぴっとだけ!

 

 

1章 はじめに

 01 ドナルド・E・スーパー(心理学者)

「仕事とは自分の能力や興味、価値観を表現するものである。そうでなければ、仕事は退屈で無意味なものになってしまう。」

 

 

つまり、

自分の能力が活かせてないとき

自分の興味が無い仕事のとき

自分の価値観を表現できていないとき

 →仕事はつまらないものになる。    

  

たしかにそうですね〜。

 

 

 

2章 「好き」を仕事にする

02 山本常明

「人間の一生は誠にわずかな事なり。好いた事をして暮らすべきなり。夢の間の世の中に好かぬ事ばかりして、苦を見て暮らすのは愚かな事なり。」

 

 

この内容を、古い文体で言われると強烈に説得力があります。

 

 

特に、もう社会人なら「ハッ!ヤベ!」と思われたんじゃありませんか?💦

 

  

04 香本裕世

「 自分のキャリアを考える時は、「娯楽」「趣味」「特技」は分けて考えるのがいいと思います。

 

娯楽」は必要であるにしろ発展性の無いその場限りの息抜きですが、「趣味」は「特技」に変化していく可能性があり、「特技」は「仕事」に進化・発展することが多いものです。 」

 

 

よし!やっぱり好きなことを仕事にするべきか!

と、意気込んだ矢先に、待ったをかけるかのような意見。笑

 

  

 

この発言からは、ネガティブな印象をお持ちになるかと思いますが、作者は以下のように訳しています。

 

  

漫画を例におくと、

 

・「漫画を読むのが好き」な人は、「娯楽」のレベルである.

 

・「自分で書くのが好き」という人になると「趣味」のレベルに入る。

 

・ 表現技法を研究したり評論をまとめて公に発表するようになる人も「趣味」のレベルに入る。

 

・ 趣味を「特技」にするには、持続的な努力が必要になる。漫画好きが10人いたら、その中で1番でないといけない。

    

 

 

→ この「特技」のレベルに達してはじめて「好き」を「仕事」に変化させていくことができる。

 

 

思うに、趣味特技に変える努力が苦にならないで、イキイキと頑張れれば、きっと豊かな時間であると思います。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

今回は、1章はじめに と 2章「好き」を仕事にする を紹介させていただきました。

 

 

また、別の記事にて以下の内容を書いてますので、気になるかたは、チェックしてみてくださいね!

 

3章 「やりたいこと」って何だ?

4章 20代はいろいろ試してみる

5章 偶然を創りだす

6章 「やりたくないこと」を考える

7章 会社をやめたい

8章 急がば、回れ

9章 夢をかなえる

10章 才能って何?

11章 日本人の生きた方

12章 何のために働くのか?

13章 人生の標準モデルが消えた

14章 21世紀の仕事論

 

 

以上、1章ずつ抜粋して紹介したいと思います!

 

気になる章があったら、チェックしてみてくださいね!

 

今後ともよろしくお願いします!